南極上のサザンライト

今年の南極点での日没後のオーロラの最初の一imp。 2017年4月11日、南極でのハンター・デイビスによる写真。

私たちの毎年の募金活動はここにあります! EarthSkyが独立した声を維持できるように支援します。

太陽は最近南極点に沈み、そこで長く暗い冬が始まりました。 その結果、空は今やオーロラ、または南の光を見るのに十分なほど暗くなっています。 南極で働いているハンター・デイビスは、今朝これらの画像を送って書いた:

今日は満月が昇る! そして日没後のオーロラの最初の一gl。

サザンライトはオーロラ(オーロラ)ほど頻繁には見られませんが、それは地球の地球の南部が北よりも少ないためです。 それらはオーロラと同じ現象で、太陽からの電荷を帯びた電子と陽子が地球の磁場と相互作用するときに発生します。