中国のムーンオービターで電波実験を開始

オランダの電波天文学の実験は、今日の長江4ミッションのために、中国の中継衛星で今日乗りました。

2014年に飛行したChang'e 5のテストミッションでキャプチャされた月の裏側と地球。
中国国家宇宙局/新華ネット

昨夜、長い3月4Cロケットがrock音を上げ、中国上空の夜空を照らし、月探査の次の章を開きました。 ロケットに乗って:革新的な月リレーオービターと画期的な電波天文学実験。

打ち上げは、中国四川省の西昌宇宙センターから21:28 UTに行われました。 このオービターは、今年後半に月の裏側に着陸機とローバーを配備するという中国の野心的な最初の試みの一部です。 これまでのすべての月面着陸は、アポロミッションや中国の2013年のユツヒスイウサギの着陸船とローバーを含め、地球と無線通信の見える範囲内で、月の近くで行われました。 ただし、Chang'e 4は月の裏側に着陸して移動するため、専用のリレーが必要です。

リレーオービターの名前は、「マグパイブリッジ」の中国語(ケチャオ)と呼ばれます。この名前は、川(天の川)を渡って年に一度形成された2人の恋人をつなぐ橋の中国の民話に由来しています。星ベガとアルテアによって。

中国宇宙局(CNSA)は、オービターが打ち上げから25分後に正常に分離し、アンテナ(直径5メートルのアンテナを含む、これまでで深宇宙探査に使用された最大のもの)とソーラーパネルを配備したと報告しました。 現在、ケチャオは楕円形の月の移動軌道にあり、最終的に地球から283, 000マイル(455, 000キロメートル)、月から37, 300マイル(60, 000キロメートル)離れた安定したラグランジアンL2ポイントの周りのリサージュ(ハロー)軌道に入ります。

「打ち上げは、月の裏側に探査機を送り、月の裏側を探査する最初の国になるという目標を中国が実現するための重要なステップです」と、最近のプレスリリースでチャン・リーファ(CNSA)は述べています。

Chang'e 4の月リレーの軌道。
CNSA

月に基づく天文学

ASTRON、オランダ天文学研究所、Innovative Solutions in Space(ISIS)、およびRadboud Radio Labが配備したオランダ-中国低周波エクスプローラー(NCLE)など、いくつかの革新的なペイロードも乗り越えました。

NCLEは、月のL2視点からの低周波(30 MHz未満)の電波を観測します。 地球では、30 MHz未満の電波は電離層に吸収されます。 しかし、宇宙学者は、これらの低周波数の電波にアクセスして、最初の星や銀河が形成された時代を研究したいと考えています。 月の裏側は、現代の電波観測所を苦しめる地上干渉のほとんどない「電波が静かな」ゾーンを提供します。

「中性水素ガスが初めて星や銀河を形成し始めた時期に興味があります」とアルバート・ジャン・ブーンストラ(ASTRON)は言います。 「ビッグバンから38万年後に始まったこの時、宇宙はクールダウンで暗くなっていました。この星形成プロセスはスペクトルの小さな隆起として見えるはずであり、NCLEではそれを見つけることを目指しています。」

信号は弱いと予想されるため、このタスクは困難です。 NCLEは、低周波数では全天マップを形成しませんが、代わりに将来の取り組みの概念実証として役立ちます。 低周波数の調査での以前の努力は狭帯域受信機を使用していましたが、NCLEは別の最初の広帯域受信機を使用して観測を行います。

ラボ内のオランダ-中国低周波探査機(NCLE)。
Radboud Radio Lab / ASTRON / Albert-Jan Boonstra

「過去数ヶ月はオランダのチームにとって非常に困難でした」と最近のプレスリリースでマーククラインウォルト(Radboud Radio Lab)は言います。ハードワークと両側のチームからの多大な献身のために.

他の2つのマイクロサテライト、Longjiang-1とLongjiang-2(ロシアと中国の間の黒竜江/アムール川を指すドラゴン川の中国語)も月の周回軌道に配備されました。 彼らの使命は、独自の超長波天文観測を実施することです。 サウジアラビアはまた、オービターに搭載された小型の月面光学撮像装置を配備しました。

Queqiaoが設置されると、Chang'e 4着陸船およびオービターの打ち上げの舞台が整い、月の裏側にある南極エイトケン盆地のVonKármánクレーターに向かいます。 Chang'e 4の発売は2018年後半に予定されています。

おそらく、ケチャオとNCLEの実験は、月の裏側にある本格的な電波観測所への道を開くことになるでしょう。これは天文学者が長年望んでいたものです。