観測報告:1月6日の部分日食

北東アジアと北太平洋で、1月6日の寒い朝早くに多くの人が深部部分日食を目撃しました。

太陽フレア望遠鏡は東京郊外の三鷹キャンパスにあります。 正面に立つのは、右から左へ、伊集智也、比ei英次郎、ロブ・ルーカス、ジェイ・パサチョフ、花岡洋一郎、矢地健太郎、森田at。
ジェイ・パサチョフ

名前が示すように、 部分日食は、月の円盤が太陽円盤を完全に覆っていないときであり、太陽がそれから噛まれたように見えます。 深い部分日食は、かみ傷が大きく、太陽円盤をほぼ覆い、太陽をまぶしい三日月にするときです。 月と太陽は完全に位置合わせする必要がないため、部分日食は皆既日食(および金環日食)よりもわずかに一般的です。

国際天文学連合の日食に関するワーキンググループの議長として、ジェイ・パサチョフはどこへ行っても日食と太陽天文学のためのアウトリーチイベントを手配します。 1月6日の食のために、彼は東京に行き、そこで国立天文台(NAOJ)を訪問しました。 ジェイは、国立天文台の三鷹キャンパスで、太陽の天文学者である花岡洋一郎と比ei英次郎によってホストされ、彼と仲間の観測者は、太陽フレア望遠鏡の地面からの日食を目撃しました。 キャンパスで最も古い観測施設である望遠鏡ドームは、特に太陽の観測のために一般公開に使用されています。望遠鏡ドームの20 cm屈折器。

大衆は日食の景色を楽しんでいます。
ジェイ・パサチョフ

他の場所では、ザビエルジュビエはヤクツクから東に数千キロ離れた山のオイミャコンスキー地区に旅行しました。 オイミャコンの谷は、気温が低いことで「寒さの極」として知られています。これは、ベルホヤンスクのヤクーチアの別の町とのこの栄誉のためです。 ザビエルと彼の父親が訪れたとき、彼らは、温度が-55°C(-67°F)前後であるTomtorを見下ろす地平線の遮るもののない丘の頂上を選びました。 ザビエルは、少なくとも南極大陸の外で、さらに重要なことに、近くに加熱された避難所のない、そのような極端な条件で日食を目撃した唯一の人物であると推測しています。 彼はそれを残酷で、3時間屋外にいると言い、その温度で脆くなる可能性のある機器に関して特別な注意を払わなければなりません。 条件にもかかわらず、Xavierは60%の隠蔽で完全な成功を報告しました!

この写真は、ケスターソーラーフィルターを備えたNikon D600カメラに400 mmのNikonレンズを取り付けた、国立天文台の太陽フレア望遠鏡の敷地内で撮影されました。 最初の連絡は現地時間の午前8時43分、最後の連絡は午前11時36分(日本標準時)です。 最大日食は、現地時間の10:06に、30%の不明瞭さで発生しました。
ジェイ・パサチョフ

Jay Pasachoffの記録された6°C(43°F)の温度は、比較すると肯定的にさわやかな感じがします。 東京では、皆既日食の最初の30分間は雲があり、30分から40分間は条件が晴れ、その後再び曇り、最後の30分間は雲とthroughが見えました。

日食を目撃した他のオブザーバーの中には、韓国インチョンから6マイルの公園から最初の30分後に成功を報告したポール・マレーがいた。 中国のハルビンから皆既日食を見たJörgSchoppmeyer。 ダニエルフィッシャーは、ドイツにいる間にフィードを監視し、ロシア、中国(北京)、および日本からの画像を報告しました。 日食をご覧になった方は、下のコメント欄でお聞かせください。

次の日食はいつですか? 月食ですか、それとも日食ですか? あなたはそれを見るために旅行しなければなりませんか? ここで知っておく必要があるすべてを見つけてください。

覚えておいてください:太陽は明るく、とても明るいです。 部分日食の間であっても、太陽を直接見ないでください。目が損傷する可能性があります。 部分日食を見るには、日食メガネを使用するか、ピンホールや双眼鏡、さらには望遠鏡を使用して画像を紙に投影します。 さらに良いことに、地元の天文学クラブにフックしてください-彼らは適切なフィルターが取り付けられたソーラースコープを持っているかもしれません。