雲海の上の栄光

拡大表示。 | 霧のかかった朝の栄光、アルノーブザンソン経由。

ドイツのアルノー・ブザンソンは、2018年11月16日にこの画像を撮影しました。彼は日の出を西に見ながら写真を撮ったと言い、次のように言いました。

雲の素晴らしい海があり、街の明かりを止めていたので、私は夜中ずっと本当に素敵な空の下で、それほど光害がなかった。 深空での撮影と、しし座流星の撮影のためにそこにいましたが、午前中、雲海の上でこの驚くべき光の刺激を目にしました…実際、それが何なのかわかりません。 おそらく、それは「栄光」と呼ばれるものです。なぜなら、昇る太陽(東)は視覚現象(西)のちょうど前にあったからです。

私の写真をお楽しみください。

ありがとう、Arnaud、はい、それは栄光の美しい例です。 優れたWebサイトAtmospheric OpticsのLes Cowleyが説明したように:

栄光は常に太陽の真向かいにあり、太陽と太陽を中心に、したがって日の出と日没を除いて地平線の下にあります。 霧や雲があなたの下にあり、太陽が輝いて輝くときはいつでもそれらを探してください。

ところで、彼のコメントを求めて、あなたの写真をレに送りました。 彼は確認した:

はい、素晴らしい栄光。 太陽の光が非常に赤くなっていたので、いつものように色がついていません。

注意深く見ると、栄光の中に、恐らく幽霊のようなヒントがあります(おそらく、写真家自身と彼の装備によるものでしょうか?)。 レスが彼のページで指摘しているように、山や丘の中腹から、航空機から、そして霧の中や屋内でさえ、栄光を探すことができます。

栄光がどのように形成されるかについて、Les Cowleyの詳細を読む

一番下の行:ドイツの雲海の上の栄光。

2019年の旧暦はこちら! 消える前に注文してください。 素晴らしい贈り物になります。