10月24日の完全なハンターの月

上:Kurt Zeppetelloによる2016年のHunter's Moon

2018年10月24日は、北半球の完全なハンターの月をもたらします。 この半球では、この満月は秋の2番目の満月(または秋分後の2番目の満月)としてカウントされます。 南半球では、これは春の2番目の満月です。

定義上、ハンターの月は、秋分に最も近い満月である収穫月の直後の満月です。

南半球に住んでいる場合は、2019年3月21日と4月19日に、完全な収穫月とハンターの月がそれぞれ6か月後(6つの満月)に来ます。

満月の近くで、月は日没時に東で昇り、夜中の真夜中に最も高く上昇し、日の出の頃に西に沈みます。 平均して 、月は日を追うごとに約50分後に上昇します。

収穫期やハンターの月の頃はそうではありません。 これらの満月の周りでは、連続する月の出の間隔は、北半球の緯度で30分に近いほど短くなります。

一方、現在の南半球では、連続する月の出の間隔は平均より長くなっています。

この2018年10月のハンターの月は、特に黄道(地球の軌道面)の南で最大5度(10の月の直径)揺れます。 そのため、今年の10月の満月は、北緯の日没後、南緯の日没前に上昇します。

秋には、黄道の角度-黄道帯の星座の前の太陽の1年ごとの経路または月の1か月ごとの経路-が地平線と狭い角度になります。 classicastronomy.com経由の画像。

秋の黄道の狭い角度は、ある夜から次の夜にかけて、月が地平線上で著しく遠くに昇ることを意味します。 そのため、日没と月の出の間には長い暗闇がなく、満月の頃には、多くの人が月を夕暮れの空に見ます。 classicastronomy.com経由の画像。

しかし、この複雑さはさておき、北半球または南半球から月曜日に毎日月の出を見ると、月が東の地平線に沿ってさらに北(または左)に昇っています。

一言で言えば、両方の半球で、秋の満月は一連の平均より早い月の出を告げ、春の満月は一連の平均より遅い月の出をもたらします。

空が月が昇る時期を知りたいですか? ここをクリックして、 月の満ち欠け月の 出、月の入りを確認してください。

赤道から北に行くほど、ハンターの月の効果が大きくなります。 たとえば、ワシントン州シアトル(北緯48度)では、月は次の数日間、毎日約30〜35分後に上昇します。 アラスカ州の北極村(北緯68度)などのはるか北の前Atで、月は何日も同じ時間またはその近くで上昇します。

月は、10月24日16時45分(世界時)に完全に満月になります。 米国のタイムゾーンでは、満月の時刻を2018年10月24日、東部夏時間12時45分、CDT午前11時45分、MDT午前10時45分、PDT午前9時45分、AKDT午前8時45分に設定します(アラスカ夏時間)と6:45 am HST(ハワイ標準時)。

満月の瞬間の地球の昼と夜の側面を示す米国海軍天文台による画像(2018年10月24日、16:45 UTC)。 左側の影線(北米北西部を走る)は10月24日の日の出を表し、右側の影線(ヨーロッパとアフリカを通る)は10月24日の日没を表します。

結論:2018年10月24日の夜(10月25日の朝)に、ハンターの月が夕暮れから夜明けまで夜間を照らすのを見てください!