南極の氷の接地線がシフトしています

拡大表示。 | ESAを介した、2010年から2016年までの南極周辺の接地線の移動率の図解。

欧州宇宙機関は、2018年4月3日に、CryoSat衛星ミッションにより、南極の氷床の接地線の内側への移動が明らかになったと述べました。 ESAによると、南極大陸は過去7年間でグレーターロンドンのサイズに近い水中氷の領域を失いました(Britannica.comによると約90マイル、または140 km)。 ESAは、南極の氷床の底部が海底を離れて浮遊し始める接地線が内側に移動していると述べました。 ESAは言った:

…大陸の浮遊縁の下の暖かい海水は、海底に付着した氷を食い尽くしています。

ESAは、2010年から2017年の間に南極海が約565平方マイル(1463平方キロメートル)の水中氷を溶かしたと述べました。 これらの結果を説明する論文は、査読付き雑誌Nature Geoscienceに掲載されています。 この論文では、CryoSatを使用して、南極の海岸線のほぼ10, 000マイル(16, 000 km)に沿って7年間にわたって接地線の動きをマッピングする方法を説明しています。

欧州宇宙機関の詳細を読む

結論:過去7年間にわたる南極の氷床の接地線の変化と、ESA衛星によって提供されたデータの図。

出典:南極氷河の接地線の正味の後退