「絶対に非常識な大気光」

ユーリ・ベレツキーの夜景による写真。

大気光は、励起された原子の光で、地球の大気中にあります。 ユーリ・ベレツキーは、2018年5月10日にチリのカーネギーラスカンパナス天文台でこの画像を撮影しました。 手前に望遠鏡のドームが見えます。 彼が書きました:

昨夜からの絶対に狂気の光。 はい、この画像に表示されるのは雲ではありません! その黄色/オレンジ色の光は高層大気から来ています。 最初の画像を撮ったときに、カメラの画面に映ったものが信じられませんでした。 雰囲気は今かなり活発になっているようで、信じられないような景色を見ることができます。 部分の天の川はほとんど見えませんでした。 景色をお楽しみください!

ありがとう、ユーリ!

Atmospheric Opticsのエアグローについて詳しく読む